HOME>Review>参考にしよう!国家資格を学ぶための学校の選び方

参考にしよう!国家資格を学ぶための学校の選び方

本

専門学校では国家資格を取得できるところもあるのです。専門学校の選び方は人それぞれですが、このように絶対に譲れない基準もあります。皆はどんな基準で選んだのかチェックしておきましょう。

みんなの口コミ

夜間でも通える学校を選びました。【20代|女性】

大学を卒業して、小売業界に就職しました。働き始めの頃は、毎日必死で仕事を覚えて頑張っていましたが、毎日残業で日付が変わる頃に帰宅するような生活でした。このままでは、身体が続かないし、長く働ける業界とも思えませんでした。だけど、転職しようにも今の特にこれといったスキルのないまま、就職活動したところで上手くいくわけがないと考えました。考えた末に、看護学校への入学を決めました。国家資格の一覧を見て、仕事に困らない上に、収入も安定していて女性が長く働くことができる職業だからです。早速、いくつもの専門学校の資料を集めて学校を選びました。看護学校は沢山ありましたが、日中は働いて夜間に学べる学校を探しました。そういう学校の方が、社会人の割合も高めで年齢層が幅広く、社会人でも学びやすいですいし、貯金を削りながら勉強をするのは心もとないと考えたからです。現在は、日中は看護助手として働き、夜は看護学生として看護の勉強をしています。仕事と学校の両立は大変ですが、20代という体力があるうちに決心して良かったです。

就職実績が高い学校で学ぶことにしました。【10代|男性】

高校3年生になった時から、大学ではなく専門学校へ進学しようと決めていました。専門学校の方が、就職指導を熱心にやってくれると聞いていた上に、下に兄弟がいるので少しでも早く就職したかったからです。国家資格である、臨床検査技師を目指せる学校を探すにあたって、就職実績の高い学校を選びました。調べてみると臨床検査技師を目指せる専門学校や大学、短大は全国に沢山ありました。目指せる学校の一覧から就職実績の高い専門学校を選ばなければいけないわけですが、就職実績の良い学校を見極めるのに苦労しました。高校の進学指導の先生のアドバイスを聞いたり、実際にオープンキャンパスに行ったりと、納得のいくまで比較検討して最終的には、地元ではなく東京にある就職実績の高い学校を選びました。東京なら医療機関の数も多いので、求人も多いだろうと考えたためです。今は東京の医療系専門学校に通う1年生ですが、毎日勉強が忙しいです。だけど、10代という貴重な時間を将来のために費やすのも悪くないです。